プロフィールを詳しく書いたほうが絶対に良い!


あらゆる出会い系サイトがそうであるが、欠かすことが出来ないのは綿密な自分の紹介文の打ち込み入力である。

各サイトの出会い系サイトにの大抵は、年代や生年月日、身長とウェイト、シルエット、血液型、居住地域、生まれ故郷、職務、良点タイプなどがどのサイトにおいてでも書く項目が存在する。
それのみならず学歴や給料、休みの日、ホビー趣向、タバコを吸うか吸わないか、お酒を飲むか飲まないか。
あと、結婚歴など詳細に書くことが求められるサイトも存在します。

こういった類の項目に関しましてちっとも書き込みないでレディーと出会おうといったイメージするのは阿呆としか言えない。

逆の立場という視点で想定してみてください。
あまり考えられませんがそういったプロファイル項目に何ら記録していない女の子からあなた自身に何かの動きが見つかったとしたら貴方はどうかなと思うとはずです。

プロフィール入力は面倒な行為ではあります。

けど、ちゃんとしたプロセスをしないと、なんも成果を挙げられないことも考えられます。

万が一、無記入で入力した場合、

相手は、どう接したらいいかはっきり分るはずもない。
それだけでなく、むしろ気味悪さすらイメージしてしまうことだろう。

この逆ケースの考えからも、出来れば十分なプロフィール箇条にきちんと書いておくべきなのだが、このプロフィールを編集する際に集中してほしいのは、絶対に確実にそのままのあなたを書き入れなくてもオーケーっちゅうことだ。
当たり前ですが明確な嘘を書く必要性がない。
そんな嘘を記載してもあとで現実で実際に会った際にそのプロフィールが嘘であったことがバレてしまった時の痛手の方が強烈だったりする。

考えとしては、面接時に答える、あなたの長所や自己PRと同じである。
あたかも、すごく見せる必要があるのです。

現実的には、各項目において、ちょっぐらいはプラス思考な方向に膨張された内容を書けば良いだろう。

簡単に説明すると本当の年齢帯が30代半ばであったとしたらプロフィール上では20代前半にして若造り工作を試みる。
本当の年収が300~500万な場合は、少し見えを張って500万以上にすると良いだろう。
私の場合は身長が166センチであるが、170センチで登録している。

この程度は女性側も気づいていたりする。
嘘も方便として親しみやすく考えてくれる人も多い。
これは、女性側も行なっていることが十分考えられるのでお互い様です。
仮に実際に会えた時にも意外と決定的な問題に発展するリスクは極めて低いのである。

お見合い写真を見たことはあるだろうか?

あれなんかも、180%容姿が変化しているが、結果的にビジネスとして成立しているである。

▼自己アピール文を考える

自由キーワードで書きいれる必要があるのがこのプロフィール紹介文である。

自由キーワードで文章を考え無くてはならないため、常識外れの不器用な文章を入力してしまうと自分の知力を疑われかねない。
結構考え込んでしまう1つである。
この中身は出来るかぎり短文でピリオドを心がける。
わずか数行でを完了しておくことが奨励できるね。

例えば、「吉祥寺で単身者です。別れたばかりで、恋人を探しています。よろしく」たったのこれでも十分である。

この系統の文言の方が直線的な男性に見える。
考えているほど出会い系に熟達していないといった先入観を与えることもでる。

女性は男性が思っているほど文章は読まない。

簡単な文章の方が、感情的に動く女性の心が揺らぐのである。

コメントを残す