キャッシュバッカーがうざい


出会い系にはキャッシュバッカーといものが存在する。
極めてうざい存在である。

キャッシュバッカー女の子の特有性として格段に特徴的なのが、疑う余地もなく可憐すぎるプロフィール画像と、極度なまでに親切丁寧かつ惹き付けられるかのように記入されたプロフィールという点がある。

個人的な意見を述べるならば、プロフィール画像ではっきりと顔が識別できないように加工されているにも拘らず誰の目にも明らかで綺麗な女性の口元だけや横顔などのプロフィール画像を掲載している女性は、とても怪しい。

一般的な女性でそこまで精巧な写真を取るのは難しい。

最近の詐欺写真はスノーなどのアプリが関の山で、本格的なトリミング技術は、一般女性には習得しているわけがない。
つまり、どのサイトでもそういったプロの技を使っているプロフィールがキャッシュバッカーというぐらいの判断をしていれば問題ないといえる。

また個人プロフィールでは、プライバシーに当たるような部分はあまり書き込み対象でないにも拘らず、バスト大き「Fカップです♪」などの投稿。
PCMAXによってはエッチ値がマックスになっていたりする。
雑魚な男の心を夢中にさせるようなプロファイルとなっていることが多い。
普通に考えれば女性は誰とでもHしたいなどとは考えていないのである。

また個人プロフィール内の自由キーワードレビューがやたら長く、釘付けにする。

「最近彼氏に振られました」
「旦那が浮気しているようです」

などの相談系の文章が多いのが特徴的である。

墓にも、日記などをたくさんつけている。

日記は、「構ってほしい」的な内容が多い。

しかし、本当の素人もいるので、お金が発生しない、日記内でやり取りができるかで判断したほうが良い。
もしくは、LINE交換なども考えよう。

キャッシュバッカーはやみくもにこちらに「いいね」や「スマイル」や「ウインク」などをしてこちらに視線を送る。

キャッシュバッカーたちからすればモテナイ男と簡単なメールのやり取りが出来れば報酬が発生する。
どんな相手を選ぶ必要もなくひとつひとつ「いいね」や「スマイル」や「ウインク」しまくればツイート交換できる相手には不自由がないからです。

出会い系の業者対策


出会い系サイト内に巣食うペテン対応をする悪徳業者が存在する。

それがアドレス回収業者である。

これらの存在は激烈にウザく、そして厄介な存在である。
出会い系運営側も頭を悩ましているようだ!!

理解しやすいような流れで案内すると、第一段階で時間をかけずに出会い系サイト内からサイト外でのラインやカカオトークなどの連絡打診をされる。

男性側としては、ポイント代がかからずに嬉しい処置である。
しかし、LINEなどで会話をしているうちに

「スマホが壊れて連絡できない。今度からこちっちで連絡しよう」

などと、何かしらの理由でURLに誘導させられる。

そこにアクセスするとプライバシー関連の登録させる。
中には携帯のEメールを収集しようとしたりする。

その収集されたメールアドレスは、個人情報売買されることもあり得る。

ワンクリック詐欺的な業者に売却されることすらありますだろう。

もちろん女の子とは連絡が途切れる。

もしくは、有料の悪質な出会い系サイトに繋がり、出会えない系サイトに誘導させられる。

今日この頃はこれだけネット詐欺が騒がれているものの、こういった単純なトラップに引っかかってしまう人が多いようである。
十分注意されたし。

こういった業者があらわれた場合、早急に出会い系サイトに通報し、強制退会をしてもらおう。

幸いなことに、運営側は目を光らせているようでこれらの業者が消えるのは早い。

しかし、新たな番号で登録されゾンビのように復活するのである。

すぐ消されるという理由からあまりプロファイルなどが細かく入力されていない。

が、ツイッター上で拾ってきたような、無名アイドルや美少女の写真を無断で使用していたりする。

また非常に理解しやすい動きとしては、強制退会させられてしまうので、速攻で男性と接触を取りたがっている。
女性側からLINEのIDなどが明記されたサイト内ツイートが一方的に送られてくるケースも多い。

そして実際にウェブページ外のLINEなどで話し合いをしていると10LINEぐらいのやり取りで連絡が取れなくなりURLが送られてくる。
または直接電子メールアドレスを聞いてくる業者もいるが、フリーアドレスを教えるとスルーされたりする。

業者は、結構簡単に見極めることが可能なので、騙されずに出会い系にチャレンジしてほしい。

プロフィールを詳しく書いたほうが絶対に良い!


あらゆる出会い系サイトがそうであるが、欠かすことが出来ないのは綿密な自分の紹介文の打ち込み入力である。

各サイトの出会い系サイトにの大抵は、年代や生年月日、身長とウェイト、シルエット、血液型、居住地域、生まれ故郷、職務、良点タイプなどがどのサイトにおいてでも書く項目が存在する。
それのみならず学歴や給料、休みの日、ホビー趣向、タバコを吸うか吸わないか、お酒を飲むか飲まないか。
あと、結婚歴など詳細に書くことが求められるサイトも存在します。

こういった類の項目に関しましてちっとも書き込みないでレディーと出会おうといったイメージするのは阿呆としか言えない。

逆の立場という視点で想定してみてください。
あまり考えられませんがそういったプロファイル項目に何ら記録していない女の子からあなた自身に何かの動きが見つかったとしたら貴方はどうかなと思うとはずです。

プロフィール入力は面倒な行為ではあります。

けど、ちゃんとしたプロセスをしないと、なんも成果を挙げられないことも考えられます。

万が一、無記入で入力した場合、

相手は、どう接したらいいかはっきり分るはずもない。
それだけでなく、むしろ気味悪さすらイメージしてしまうことだろう。

この逆ケースの考えからも、出来れば十分なプロフィール箇条にきちんと書いておくべきなのだが、このプロフィールを編集する際に集中してほしいのは、絶対に確実にそのままのあなたを書き入れなくてもオーケーっちゅうことだ。
当たり前ですが明確な嘘を書く必要性がない。
そんな嘘を記載してもあとで現実で実際に会った際にそのプロフィールが嘘であったことがバレてしまった時の痛手の方が強烈だったりする。

考えとしては、面接時に答える、あなたの長所や自己PRと同じである。
あたかも、すごく見せる必要があるのです。

現実的には、各項目において、ちょっぐらいはプラス思考な方向に膨張された内容を書けば良いだろう。

簡単に説明すると本当の年齢帯が30代半ばであったとしたらプロフィール上では20代前半にして若造り工作を試みる。
本当の年収が300~500万な場合は、少し見えを張って500万以上にすると良いだろう。
私の場合は身長が166センチであるが、170センチで登録している。

この程度は女性側も気づいていたりする。
嘘も方便として親しみやすく考えてくれる人も多い。
これは、女性側も行なっていることが十分考えられるのでお互い様です。
仮に実際に会えた時にも意外と決定的な問題に発展するリスクは極めて低いのである。

お見合い写真を見たことはあるだろうか?

あれなんかも、180%容姿が変化しているが、結果的にビジネスとして成立しているである。

▼自己アピール文を考える

自由キーワードで書きいれる必要があるのがこのプロフィール紹介文である。

自由キーワードで文章を考え無くてはならないため、常識外れの不器用な文章を入力してしまうと自分の知力を疑われかねない。
結構考え込んでしまう1つである。
この中身は出来るかぎり短文でピリオドを心がける。
わずか数行でを完了しておくことが奨励できるね。

例えば、「吉祥寺で単身者です。別れたばかりで、恋人を探しています。よろしく」たったのこれでも十分である。

この系統の文言の方が直線的な男性に見える。
考えているほど出会い系に熟達していないといった先入観を与えることもでる。

女性は男性が思っているほど文章は読まない。

簡単な文章の方が、感情的に動く女性の心が揺らぐのである。

プロフィール画像の優位性について


ありとあらゆるものがの出会い系サイトでとりわけキーポイントなのがこの顔写真画像投稿といえるだろう。
個人的にはこれが、全てだ!!といっても過言ではない。
低コストで出会い系をやるのであれば極めて重要と言えるのではないか?

男性の方々であるあなたが会員女性を探す際に『プロフィール画像ないかな?』って探すのと同様に、女性自身もあなたの画像を参考にして出会いに真剣な女性が一点集中して調べているのである。
顔写真画像を載せないで出会い系サイトを楽しむことも可能ではある。
けど、効率性が下がってしまう。
写真なし状態ではルックスの良い女性と出会えることは絶望的にないと考えたほうが良いだろう。

例えるなら、最新式の機関銃相手に、竹槍で戦闘を持ち込むくらい無謀な選択である。

何をおいても見た目の良い女性というのはよくも悪くも自分に絶大な自信を持っていることが多いのです。
だからこそ、パートナーの男性にもそこそこのビジュアルを求めるもので、プロフィール画像も投稿してないような男性にメールでナンパされたからといって良質な女は相手にしないのである。
考えて見てほしいのですが、男性はメールでアプローチするのにお金が発生します。
そんな状態で、顔もわからない女性にメールするだろうか?
女性はお金はかからないものの、考え方は同じと言える。

出会うパートナーの女性に見た目を求めない。
例えばですが、どんな相手でも構わないからただ単にHしたいだけ!

というのであれば顔写真なしで出会い系サイトを続けも可能性はある。
しかし、それでも女性の方が、男性よりも会員数の比率から考えて、捕まえるのが難しい。
ごく少しでもビューティフルな女性やかわゆい子と出会いたいと考えるのであればできる限りこの顔写真画像を投稿し印象をあげよう。

▼顔写真で気をつけること
よし、顔写真を取ろうと考えたとしよう。
この顔写真画像登録の際に気をつけて欲しいことは、自分に自信がなくても、ありのままの写真でなくて構わない。

つまり詐欺写真でもかまわないのである。
「今の姿を登録する必要性は皆無」なのである。

どうゆうこと?

と、思われるかもしれないが。

・その状況があなたにとっての別人と思もえるような一枚であっても良い。
・20年くらいの若い写真でも良い
・痩せていたあの時の写真でも良い

僕自身実際のものより10割増しの画像を登録している。
その事情は何が何でもサイト内での初めに受けたイメージイメージに過ぎず、後々のやり取りの中で、『写真交換しよ』ってなるので、そんぽあとの2枚を所有すれば全く問題ない。

さらに実物通りの画像をこういった場所に登録することは、仲良し友達などに見つかるリスクが存在する。
そういったリスクを回避するためにも、やはりある程度詐欺られた画像で出会い系に挑んだほうがリアルの私生活にも影響は出ないだろう。
しかしながら、このような奇跡の一枚のような画像が撮影できないという方は、自分の画像を写真製作アプリケーションソフトなどで一発変換させると効果的である。

実際、サイトで出会った女の人と宿泊施設で愉快時間を過ごした後のいわゆる「賢者タイム」で今までどんな相手と会ったことがあるか聞いてみると、大半の女性がサイトのプロフィール画像ではかっこよく見えたものの、実際に会ってみたらかなりイメージが違ったことにガッカリしつつも、一応会ったからにはエッチだけはしたというような体験談を語られることが多かったりするのだ。

このことからも顔写真画像登録の重要性と、その画像クォリティの高さがいかに大切かということがお分かりいただけるであろう。
こう考えると、

『他人の写真でも成功するのではないか』

という考えが生まれたりする。
この考えは、100%間違いではない。
下手に自分の自撮り写真より、少し雰囲気が似ているイケメンの写真を載せたほうが出会えるし、結果的にHできる可能性もある。

けど、この方法は、私は推奨しないし、真似てほしくない禁術だと考えている。
私なら、キャバクラのパネマジックの如くパソコンで修正する方法を考えるだろ!!
今回は、『プロフィールの効果について』実践しについて解説したが、実際どれくらい効果が出るのかは、出会い系サイト体験談を参考にしている。
いずれにしても、プロフィールはとても重要なのである。